【三姉妹と私。女4人旅】 IN 日出・別府・鉄輪温泉(後編)

GO!
いいね 23
Loading...

【三姉妹と私。女4人旅】 IN 日出・別府・鉄輪温泉(後編)です。


目次

  1.  起:4/01@7:30 グッドイン別府
  2.  承:4/01@9:30 鉄輪温泉
  3.  転:4/01@12:00 鉄輪市街地
  4.  結:4/01@15:00 福岡へ

起:4/01@7:30 グッドイン別府

500円の朝食へGO。(幼児のみ300円)

洋食・和食ありのバイキングスタイル。

トレイを手に好きな食べ物をとっていく。

ガチャン

瞬時に惨事をさとる。やはり、うちの子。次女がトレイをひっくり返した音だった。

 バイキングでは子供の腕力を過信してはいけない

承:4/01@9:30 鉄輪温泉

朝食中に決定した行き先、海地獄へ向かう。数年ぶりに訪れた海地獄は改装されて昭和の香りが消えていたが、ブルーの地獄は変わらずきれいだ。

地獄めぐりといえば、ゆで卵。取りあえず食べておくことにする。

足湯を見つけたので入ってみると、やや熱めではあるが、慣れると気持ちよい。心なしか足が軽くなった気がする。

 

海地獄の次は、すぐとなりの鬼石坊主地獄へ。泥の地獄の中でポコポコと湧き出る温泉が坊主の頭のように見えることからこの名前が付けられた。

ここでも足湯を見つけ、3人娘はさっさと靴、靴下をぬぎすてる。先ほどの海地獄のものよりややぬるめ。

最後に寄った地獄は、山地獄。ヤギにカピバラにうさぎにポニー。地獄というよりミニ動物園だ。「エサ100円」のサインに、3人娘のテンションがにわかにあがる。それぞれに100円玉を握らせた後、おつぼネコは地獄蒸しのとうもろこしを取りあえず食べることにする(何度目の食事!?)。

転:4/01@12:00 鉄輪市街地

地獄も3軒目となると、見るのが雑になってくる。

温泉まつり】だし、そろそろ温泉に入らねばと、市街地へと移動し、ぶらぶらと歩いてみる。色んなところから湯気が立ち昇り、ほのかに硫黄の香りがするのがいかにも温泉街らしい。また足湯が見つかる。足湯まつりだ。

さてイベント中に無料となるのは、市営などの共同温泉。見た目は昔ながらの銭湯といった風情であるが、お年頃の長女が早速難色を示した。何軒か見て回り、最終的に寄ったのはひょうたん温泉(有料)。瀧湯に岩風呂、露天風呂、ひのき風呂。ひょうたんの形をしたひょうたん風呂は大正11年に作られたらしい。

お風呂でさっぱりした後は施設内の食事処に。おつぼネコは、地獄づくし定食なるものを注文。団子汁、とり天、山菜のおにぎり、温泉で蒸した魚貝や野菜など大分の名物がてんこもり。プリンもついている。温泉蒸しの野菜や魚がとてもおいしい。残念ながら写真を撮りそこなったので、ひょうたん温泉さんサイトのお食事ページから拝借。

結:4/01@15:00 福岡へ

ぷらっと旅も終わり。元気だった3人娘も一気に疲れが出たようで、高速に乗ると長女以外はこてんと眠ってしまう。眠気覚ましのコーヒーを買う為、別府湾SAに寄る。ここは上りと下りのSAが歩いて行き来できるようになっている。眺めが良いし、お土産売り場もキレイでおススメのサービスエリアだ。

次はもうちょっと計画立てて行かないとな。

と思いつつ帰途についた。

【三姉妹と私。女4人旅】 IN 日出・別府・鉄輪温泉(前編)はこちら

 

【編集後記】

旅行記の割には写真が少なかった(特に食事類)。次回は「飲む前に撮る!食べる前に撮る!」を頑張る。