キャリコの部屋*恋愛カウンセラー 野田亜希子さん

GO!
いいね 25
Loading...
子育てしながらお仕事に励む女性にクローズアップするコーナー

 キャリコの部屋   キラキラ輝くキャリコさん、二人目のご紹介です 

 


野田亜希子 さん

職業:恋愛カウンセラー

主な業務内容:恋愛・結婚カウンセリング、地域婚活支援、専門講座の講師


目次

  1.  恋愛カウンセラーってこんな仕事
  2.  仕事との出会い
  3.  あなたにとって仕事とは
  4.  仕事と家庭の両立
  5.  至福の時間、元気の源
  6.  息抜き方法、『宝物』
  7.  これからの夢

 恋愛カウンセラーってこんな仕事 

簡単に言うと「恋愛の悩みを聴くお仕事」です。
ひとりひとり悩みも違えば、求めている恋愛の形も違います。自分らしく心地よい恋愛が出来るための支援をしています。また、結婚後のご夫婦や子ども、義父母とのコミュニケーションの悩みなどをカウンセリングすることもあります。

 

 仕事との出会い 

彼女が以前勤めていた結婚相談所での経験が、今のお仕事を始めるきっかけになったそうです。
目の前の悩みをどう解決したらいいのか 彼女自身も悩み、より深い知識と技術を身に付けたいという思いから 心理学を学び、カウンセラーの道を選択。
彼女に寄せられる相談内容が、不思議と『恋愛』ばかりだったことから、今では恋愛を専門としたカウンセラーに。

これまで延べ15,000人を上回る独身男女の悩みを受けてきたそうですが、
前職から学んだことは「結婚することがゴールではない」
野田さんは「離婚のない結婚」を目指し、ひとりひとりの幸せの形を見つけ出すお手伝いをされています。

 

 あなたにとって仕事とは 

社会との繋がり。また、成長の場所。

「いくつになっても刺激をもらえて、勉強できるなんて幸せです」

 

 仕事と家庭の両立 

「いつも大変だと感じています(笑)」

多くのキャリコが経験する壁。
子どもを産む前は「すぐに復帰しよう」と考えていても、
子どもが産まれると「ずっと一緒にいたい」「もう仕事辞めよう」
野田さん自身もそう感じた おひとり。

「私はひとりで仕事をしているので代わりがいません。
子どもが熱を出したり、体調が悪くても、しなければいけないこともあります。義務感と罪悪感の狭間で押し潰されそうになるときもありますが、周りに助けてもらいながら続けてこられました」

 キャリンコちえ、激しく同意です。
社会には『責任』が付き物。それらをこなす姿を見せることも、母の仕事であると私は思います。
だけど、母親がこの世に一人しか居ないのも事実。。
この葛藤は、この先どれだけ続くのか…と、しばしば思い悩んでいます(笑)

 

 至福の時間 

お料理好きの野田さん。
お子さんにご飯やおやつを作り、それを「美味しい!」と食べてくれる時が、彼女の幸せを感じる時間だそうです。

取材当日のおやつは、お手製アップルパイ
キャリンコもご相伴させていただきました

 

 元気の源 

カップルや結婚した人たちからの「ラブラブです 」という おノロケメッセージ(*^^*)
「こんな二人をもっと増やしたいな~」という思いで元気になれるそうです

 

 息抜き方法 

「息抜き…してるのかな?(笑)」

独身の時は良くひとり旅をされていたそうですが、子どもが生まれると なかなかそういう時間は作れないですよね。
しかし野田さん、これから趣味を見つけようと、まずはバイク免許の取得をお考えとのこと。

かっこいい~

 

『宝物』

「やはり子どもたち。
それから、結婚した人たちからのメッセージです」

 

 これからの夢 

現在は、野田さんおひとりで活動されていますが、今後、同じ気持ちで一緒にお仕事してくれる人を増やし、より多くの人の「自分らしい幸せの形」を作るキッカケ作りをしたい。そして「そのためには私自身がいつも幸せを感じられるようにしておきたいですね」

と話してくださいました

 

 


以上

キャリコの部屋、第二弾! 恋愛カウンセラー 野田亜希子さんでした 

 

今回も、素敵なキャリコさんに出会えました 

 

 

GO! CALICOでは、キャリコの部屋に参加してくれる『キャリコさん』を随時募集しています

自薦他薦問いません。ご連絡お待ちしております