【夏本番前に!】熱中症対策

GO!
いいね 21
Loading...

梅雨入りもまだなのに、あ…暑い…。
キャリンコ、早くも夏バテしそうです…笑

本格的な夏を迎える前に『熱中症を防ぐ』基本的な知識と対策を復習しておきましょう!


目次


熱中症のメカニズム

体には、体温を一定に保とうとする働きが備わっています。
暑さによって体温が上昇し、汗をかいて体温を下げようとします。
汗をかくことにより、体内の水分と電解質(主にナトリウム)が失われ、この状態のまま水分・ナトリウム(塩分)を補給しないでいると…
脱水・ナトリウム欠乏・過度の体温上昇を引き起こし、熱中症のさまざまな症状に繋がりやすいのです。

 

 

 

どんな時がなりやすい?

・気温が高い
・湿度が高い
・日差しが強い
・照り返しが強い

 

どんな人がなりやすい?

・スポーツをする人
・外で働く人
・乳幼児
・肥満気味の人
・持病のある人
・体調不良の人
・高齢者
・キッチンで火を使う人

 

熱中症の主な症状

めまい、顔のほてり、こむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、
重症化すると、意識障害、けいれん、高体温などを引き起こします。

 

対処法

・涼しいところへ避難する。
・衣類を緩め、体を冷やす。
・熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選ぶ。
・日傘や帽子で日光を遮る。
・水分、塩分補給

水分だけを摂ると、体内のナトリウム濃度が薄まり、防御反応として、喉の渇きが止まり 薄まった体液を尿として排泄してしまう『自発的脱水』を引き起こしてしまうので注意が必要です。
スポーツドリンクや、水1リットルに対し2グラム程度の食塩を入れた水を飲むといいそうです。

 

 

 

体を冷却するポイント

脇の下、首や脚の付け根には、太い血管が近くを通っているので、ここを冷やすと体温を効果的に下げることが出来ます。

 

予防のために

・こまめな水分・電解質補給を! 入浴前や就寝前にも、コップ1杯程度飲むと良いそうです。
・乳幼児は、背の高さやベビーカーの利用により 地表からの熱を受けやすいので、子どもの高さの温度や湿度を気にかけましょう。
・室内も油断大敵! 屋外と同じ対策を意識しましょう。

 

 

 


もし、熱中症かな?と思ったら、直ちに医療機関へ相談、または救急車を呼びましょう。
救急車を待っている間にも、応急処置で症状の悪化を防ぐことができます!