(産休までがんばる!)働く妊婦みぃの奮闘記録③ 戌の日のお参り

GO!
いいね 22
Loading...

つわりがようやく終わり、どよ~んとしていた視界がクリアに見える今日この頃。。。

 

無事に安定期に入り、おなかもちょっと出てきて、周りの人から

「あら?妊婦さん???」

なーんて最近言われ始めたみぃです

 

さてさて、5カ月の安定期に入ると安産祈願として、戌の日にお参りに行きますね。

早速みぃも家族そろってお参りに行ってきました!

 


そもそも戌の日とは…?
戌の日の「戌」とは十二支にでてくる戌のことを意味しています。比較的お産が軽く、一度にたくさんの仔犬を出産する戌の力にあやかって、暦で設定された「戌の日」に腹帯(岩田帯)を巻いて安産を祈願する習わしがあります。


我が家は、長女も長男も

子安の杜 宇美八幡宮】へお参りに行きました。

もちろん今回もこちらにお世話になります。

お参りをした日は、天気も良く、安産祈願・お宮参りなど、多くの家族連れの方が足を運んでいらっしゃいました。県外の方も多かったようで、親族一同でお参りに来られている方もお見掛けしました。

安産祈願の最後に、神主さんから御朱印を頂いた腹帯と、長女、長男のおでこに大麻(おおぬさ:神主さんが振ってる白い紙が付いた棒)でちょんちょん、と撫でてもらい、御祓いも無事に終了。

なんか、元気な子を産むぞーーー!と気合が入りました(笑)

 

そして、こちらの神社で有名なのが、【子安の石】

安産祈願を終えると、子安の石が積みあがっている所から“お産の鎮め”として一つ石を預かって持ち帰ります。出産後、別の新しい石に赤ちゃんの名前等を記載して、お宮参りの後に、預かった石と一緒に納めるのが慣しです。

子どもたちに石を選んでもらうことにしました。四角の石、まん丸の石、真っ白な石、ガラスのような透明な石、つるっつるの石など…。色々な形や色の石があり、子どもたちは大喜び!そして、選ぶの長い…(^^; 妊婦みぃは、暑さにバテてさすがに疲れて木陰で休んでおりました…。子どもたちは、30分ぐらい悩んだり、ケンカしたりしてたかな(笑)

選ぶのに散々時間がかかりましたが、子どもたちが選んだ石はコレ!コロンとまん丸の形のキレイな石です!

 

最後に神社内を散策。

樹齢二千年以上とも推定される「湯蓋の森 (ゆふたのもり)」特にこの巨樹を見上げた時、生命の神秘さ、尊さを感じました。二千年もの長い間、この地に根を張り、今なお青々とした葉が生い茂るこの巨樹に不思議とパワーをもらいました。子どもたちの健やかな成長を願うばかりです。

 

宇美八幡宮

〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目1番1号 TEL:092-932-0044

博多駅より
・JR「宇美駅」下車 徒歩5分
福北ゆたか線長者原駅で香椎線へ乗換 終点宇美駅下車
ふれあい通りを道なりにお進みください
・西鉄バス「宇美八幡前」下車すぐ
博多バスターミナル14番のりばより
33番・37番系統または32番(原田橋行、上宇美行)


バックナンバー

(産休までがんばる!)働く妊婦みぃの奮闘記録② 3者3様

(産休までがんばる!)働く妊婦みぃの奮闘記録① 夢