苦手さんも楽しめる!(ウナギぬき)土用の丑の日

GO!
いいね 40
Loading...

土用の丑の日には、ウナギを食べましょう!

 

スーパーでよく見かける広告です。ビタミン豊富なウナギは、熱い夏にパワーがつくスタミナ食。積極的に食べたいですよね。

けれど、高級食材のウナギは、お値段も高いうえ、「小骨が気になってしまう…」と苦手な方も多いもの。特に子供は、食べにくいかもしれません。

そんな方でも土用の丑の日を楽しめるよう、ウナギぬきでの過ごし方に注目してみました。


土用の丑の日、その由来とは

1年を4つの季節に分け、さらに6つに分類した「二十四節気」の中に、立夏、立秋、立冬、立秋があります。土用とは、その前の18日間を指し、季節の始まりを意味しています。

さらに、古来中国から伝わった五行説では「すべての自然事象は、木、火、金、水、土の5種類の要素から成り立つ」と言われています。

春は、草木が生育する「木」を、夏には熱く燃える「火」、秋には土の中の金属を意味する「金」、冬は生命の元である「水」が充てられました。

しかし「土」だけが残ってしまい、季節の変わり目である18日間を「土用」と呼ぶようになったのです。

土用の丑の日にウナギを食べるようになったきっかけ

土用の丑の日は、江戸時代の蘭学者 平賀源内の元に、近くのウナギ屋が「夏の暑い日にウナギが売れない」と相談を持ち掛けたことが始まりと言われています。

源内は、ウナギ屋の店先に「本日、土用丑の日」と書かせたところ、飛ぶようにウナギが売れたそうです。

ウナギは元々、5~9月までの暑い時期によく釣れ、ビタミンAが豊富に含まれた栄養食。暑気払いにもぴったりという訳です。

苦手さんも子供も安心!土用の丑の日にウナギ以外の食べ物も

こうしてウナギは夏のスタミナ食材として定着しましたが、「ちょっと苦手…」という方も多いですよね。そんな方には、ウナギのかば焼きもどき料理がおすすめです。豚バラ肉を使って、砂糖としょう油で、かば焼きのような甘辛味のテリヤキ丼を作ってみましょう。薄切りスライスを使用すると、子供も食べやすくなります。

また、地方によって土用餅土用シジミを食べる文化もあります。餅に使用される赤い小豆には、厄払いの効果があると伝わり、土用の丑の日に販売している地域があります。

小豆あんがたっぷりと乗った土用餅は、買うこともできますが、切り餅や餅粉、白玉粉を使い、家で手軽に作ることもで

きます。

小さなサイズで作るお餅は、子供も食べやすく、作り方も簡単。市販の切り餅をレンジで温め、小豆あんをトッピングするだけ。親子で楽しめておすすめです。

また、夏と冬に旬を迎えるシジミは、良質なタンパク質を豊富に含み、暑気払いにぴったり。味噌汁やお吸い物、パスタにも使えます。

土用の丑の日、「う」の付く食べ物で過ごしてみましょう

高価なウナギや切り餅など、急に用意できない場合には「う」の付く食べ物で、土用の丑の日を楽しく過ごしてみましょう。

小さな赤ちゃんでも食べやすい「うどん」や「ウリ科のキュウリで作るサラダ」がおすすめ。柔らかく煮たうどんなら、食も進んで親子で食事を楽しめます。

また「梅干し」を使ったキュウリサラダは、さっぱり味で夏の暑気払いにもおすすめですよ。

是非今年の土用の丑の日は、食卓にプラスαの彩りを家族で一緒に加えてみてください。