夏を知的に快適に@プラネタリウム

GO!
いいね 30
Loading...

暑さに苦しめられた7月も終わり、夏休みも中盤に差し掛かりました。
8月も引き続きの猛暑でアウトドアを楽しむどころかちょっとした外出も躊躇するほどですね。

話は変わりますが、去る2018年7月31日、15年ぶりにある出来事が起こったのをご存知でしょうか。

こたえは、 火星の大接近 です。

火星は約2年2か月ごとに地球に最接近するのですが、今回はその中でも距離が6000万キロメートル以内と近いため、「大接近」と呼ばれています。といっても、その距離5,759万キロメートル

なんと地球の4519個分ということです。2003年以来の大接近ということで、実際にご覧になった方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。南の空に赤く明るく輝いていたかと思います。

さて、この大接近のニュースはテレビやネットなどのメディアで取り上げられていましたが、私がそのニュースをキャッチしたのは、そのいずれでもないプラネタリウムのプログラムでした。プラネタリウムでは、何時にどの方角を見たらどのように見えるかということまで小さな子どもにも分かるようにとてもていねいに説明してくれました。

ということで、大接近の夜に張り切って待っていましたが、観測した場所と時間帯が悪かったのか、その姿を拝むことができませんでした。折角なので、明るく輝いていた月をパシャリ。火星は逃しましたが、きれいなお月様を楽しむことができました。

プラネタリウムではこのように惑星のイベントを教わる以外にも、聞いたこともない星座の名前やその由来であるギリシャ神話について学べます。星座を見つけるための目印であったり、惑星のトリビアなんかも勉強できますよ。そしてプラネタリウムはもちろん室内。涼しくて静かな環境で星のことも勉強できるなんて素敵ではないですか。普段は勉強嫌いの子どももプラネタリウムでの遠い天体の話はワクワクしながら集中して聞いています。

プラネタリウムだけでは時間を持て余してしまうんじゃないかという心配はご無用。プラネタリウムは文化センターや、宇宙科学館といった施設に併設されていることが多いですが、夏休み中のこの時期、子どもたちのために体験イベントが開催されているところが多数あります。中には、自由研究のための工作ができるイベントもあり、夏休みの宿題を済ませることもできて一石二鳥です。

キャリコたちのいる北部九州だけでも、これだけのプラネタリウムがあります。

北九州市立児童文化科学館 福岡県北九州市
宗像ユリックスプラネタリウム 福岡県宗像市
福岡市科学館 福岡県福岡市
福岡県青少年科学館 福岡県久留米市
大牟田文化会館 福岡県大牟田市
佐賀県立宇宙科学館 佐賀県武雄市
長崎市科学館 長崎県長崎市
佐世保市少年科学館「星きらり」 長崎県佐世保市

日本プラネタリウム協議会サイトより引用。

その他の場所については、上記サイトにてご確認ください。

猛暑でどこに行こうか困っているみなさん。是非プラネタリウムへ足を運んでみてください。

大人もこどもと一緒に童心に帰って楽しめることうけ合いです。